ファミリー

プライベートブランドを利用すれば格安で必要なものが買える

主婦

他のメーカーにはない魅力

他のお店では買えない商品にプライベートブランドがあり、あえて全国展開しないことで機能性の追求や価格の安さが実現しています。プライベートブランドの魅力は消費者が求めるものを直接反映させたのが特徴でもあるので、満足度の高さも違ってきます。

商品を選ぶ人

高品質のまま安く

スーパーやコンビニなどが展開しているプライベートブランドは現在シェアを拡大しており、品質の良い商品を通常より安く提供できています。その大きな理由は生産、流通そして宣伝の分野での効率的なコスト削減です。

買い物

格安な家電製品

スーパーやコンビニなどで売られている格安な食品や日用品のプライベートブランド商品は、気にいらなければその後買わなければ良いですが、家電製品はなかなか買いかえられるものではありません。そこで使用頻度が多いものはナショナルブランドで、それほどでもないものはプライベートブランドと使い分ける手段があります。

独自開発がもたらす特長

主婦と食品

安さ以外にも多くの利点が

従来の商品と違い、プライベートブランドには様々な特長があります。その最たるものが、価格の安さです。従来の商品と同じようなプライベートブランドの商品を比べると、その販売価格は1割以上安くなっています。こうした安さは、仕入れ時に問屋を通す従来のやり方をあらため、メーカーとの間で直接取り引きすることで実現しました。価格が安い割に品質が優れているのも、プライベートブランドならではの特長です。商品開発力のない小売店が高い品質を実現しているのは、実績のあるメーカーと契約を結び製造を依頼しているからです。たしかにプライベートブランド商品のパッケージの裏を見ると、製造会社には有名どころが並んでいます。一見すると見慣れないブランド名でも、品質がしっかりしているのにはこういう事情があるからです。パッケージが小売店のブランドに統一されているという特長もあります。商品の統一感を出すために、ブランドの多くはオリジナルのデザインを開発しました。それによりこのブランドなら買っても大丈夫だと消費者に思わせることに成功しています。パッケージデザインが浸透したことで、多くの商品が並ぶ店内においてもプライベートブランド商品を見つけやすいのも特長です。メーカーによる徹底的な品質管理が行われることで、どのお店に行っても安定した品質の商品を入手できるのも特長の一つです。例えばフルーツの缶詰一つ取っても、従来は多くの商品が並び、味や風味を見極めるのは困難でした。プライベートブランドならどのお店でも味が安定しており、安心して選ぶことができます。