婦人

プライベートブランドを利用すれば格安で必要なものが買える

高品質のまま安く

商品を選ぶ人

シェアが拡大しています

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどに買い物に行くと、そのお店の名前やロゴが入った商品が置いてあります。これが現在小売りの各社が展開しているプライベートブランドと呼ばれるもので、この20年ほどで急速にシェアを拡大しています。他のメーカーの商品に比べると値段が安いので、品質に不安を感じることがあるかもしれませんが、実際に購入してみると充分満足の行く品質を保っています。実はある理由によりこれらのプライベートブランドの商品は、高品質のまま値段を下げることが可能なのです。最初の理由は生産の委託によってそのコストを削減しているということです。スーパーやコンビニ各社はプライベートブランドの生産を、元から存在している他のメーカーの工場で行ってもらっているのです。つまり工場の設備等の維持管理費などを商品の値段に乗せる必要がないのです。また小売り各社は元々その展開している地域に、しっかりとした流通網を整備しています。そのため効率的なプライベートブランド商品の配送が可能になります。そして他のメーカーは自社の商品を消費者や小売り各社に売るために、非常にたくさんの営業費や広告宣伝費をかけなければなりません。一方プライベートブランドの商品は実店舗に足を運んでもらった時に見てもらえればいいので、多額の広告宣伝費を掛けなくても済むのです。これらの理由からプライベートブランドはコストを削減することができて、高品質でお値打ちな商品を消費者に届けてくれるのです。